こんにちは、カワカミです!


今回の講義内容も、公募作品の講評を行いました。
20170819_150846_434

20170819_150644_546

ですが、今回は今までとは大きく違う点がありました!


それは…

"シナリオの脚本"の講評であるという点です!


脚本は、小説の"地の文"と"セリフ"、という構成ではなく、

"柱書き" "ト書き" "セリフ"によって構成されており、

脚本そのものが作品ではなく、これを元に撮影が行われるというものです。




脚本の講評は、シナリオ強化月間に限らず、ものジムでは初めてのことだったので、

どんな作品が出てくるのか?

どんな講評になるのか?

といった、緊張しつつも、どこか楽しみでもある、今までとは違った新鮮な感覚でした。
20170819_150754_852




さて、今回の講評で、いつもと違う点は、「映像作品」であるということです。


文章のままではなく、この脚本を俳優が演じて、カメラが撮影し…と、

"映像化"されることを前提とした意見がキーポイントでした。



例えば…

小説では、キャラクターのアクションを、セリフや地の文で演出として

書いて読者に伝えなければいけませんが…

映像作品であれば、セリフで言わずとも、役者の動きで伝える事が出来ます。


なので、説明的なセリフは、アクションとして見せるように落とし込むことで、

説明臭いセリフになることを避け、さらに会話シーンでも動きが生まれるのです。


このように、映像作品ならではのアプローチを踏まえた意見も出ました。
20170819_150706_891

こういった意見は、小説の講評では出てこない意見であり、

この脚本を書いた本人だけではなく、ものジム生徒の全員にとって大変勉強になりました。




と、いうのも…

この作品を応募する先は、今回の公募の中でも最も大きい賞の一つであり、

実は ものジム生徒のほとんどが応募する賞なのです!
DSC_1539



今回の講評で出た意見を元に、他のものジム生も脚本を完成させようと奮起していました!

私も応募に向けて頑張ります!


さて、次回の講評では、どのような作品が出てくるのでしょうか?


次回も、ものジムと講評に付き合ってもらう。