お疲れ様です。
5月末に入りました。

村上といいます。
本日はよろしくお願いします。

今回の講義はタイトルにあるようにSCPを各々で考え発表しましょうという内容でした。
講義の方はものジム生の川上さんです。
SCP財団という自然法則に反した物品・場所存在を取り扱う架空の組織の名称であるようです。
(参照wikipedia)
20190629_190629_0003
SCP財団のHPにもあるような番号、名称、クラス、プロトコル、説明などを
現実にあたかもいそうな仮想のものを作成するのですが、とても考えごたえが
ありました。

20190629_190629_0001


一部ですが、載せておきます。

20190629_190629_0002
最後にまとめなのですが、SCPは描写演出をしたりキャラを把握する
ための資料であり説得力のある描写をする訓練といえるようです。
面白い解釈でした。
気になった方は調べてみて作るだけでもいい力になってくれるかも
しれません。

では失礼します。